« 前 | メイン | 次 »

■2006年07月21日 【360】海外体験版感想まとめ
・Quake4 Demo

ゲーム中のイベント動画(残酷描写注意)がよすぎたので漏れも仮面ライダーになりTaiとおもってあらかじめ落としておいたQuake4のdemoを起動してみた。が人体改造はてっきり冒頭であると思ってたがどうやらそうじゃなくて、普通に火星っぽいところで地球軍兵士って感じの主人公がエイリアンとドンパチやるだけのパートしかできなかった。まあ面白かったけど。

・Condemned Demo

なんか主人公刑事っぽい。で、多分ジャンキー相手に戦ってる。開始早々に銃を取られ、暗すぎる建物の中をライトと鈍器で進む。あんまり敵がでないので、いざ出てきたときはおおいにビビる。これ怖いよ!化け物とかエイリアンとかじゃないけど、廃墟みたいな建物の中をすごいビクビクしながら進んでいった。
格闘中心のバトルだったので難易度高め。暗くて視界の狭いごちゃごちゃした建物を進むのと、歩くと体の振動に合わせて視界が上下に揺れるタイプなので、超3D酔いした。結論から言うと、映像表現はリアルだけど、ほかのと比べるとやっててあんまり面白くなかった。

・Hitman:blood money DEMO

殺し屋が任務遂行していくFPS。多分見つからないで任務遂行もできるのかもしれないけど、序盤からいきなり素人には見つからずにってのは無理な気がする敵配置。できることはたくさんあるのだとおもうけど、操作が複雑すぎてミリでした。普通に力技で切り抜けて行った。
あと左上にゼルダみたくその時なにができるかわかるようになってるボタン案内があるのだけど、これも未完成。だってワイヤーで首絞めのやりかたが結局わからなかったもん。ボタンナビに出ない。
窓の外をボケーっと見てる敵にそーっと近づいてAを押せば突き落とせるよ!ってヒントが出るんだけど、そのとおりにやってもできない。なんやねん。
コツがわかるまでがちょっと遠くて、ハマるのに時間がかかりそうなゲームだなあと思った。結局ほとんど銃殺でクリア。
ただ雰囲気がいい。なんだかキラー7みたいな危うい世界観を感じた。

・リッジレーサー6 DEMO

海外アカウントだとなぜか体験版があった。日本だと無いのに。
360の数少ないロンチであったが、PGR3が出るのわかってたので、これを買う理由は1_も無かった。今回体験版で初めてやったけど、びっくりした。つまんなすぎて。初代から何も変わってないどころか退化しちゃってるよこれ
リッジレーサー6じゃなくてリッジレーサーズ360って名前の方がよかったんじゃないの?
あのマリオカートより簡単なドリフトは携帯ゲーム機向けってんならまだわかるけど、据え置き機に適応するものでは無い。もう体験版やっただけで、あとはこれと同じことを延々繰り返しなんだなってのがわかってしまったので、終了。
買うとしたら、実績稼ぐためだけであり、中古で980円くらいなら。
過去ログ化したため、コメント・トラックバックはできません。
■コメント